2015年02月02日

長期財政推計の効果額内訳の整理

 効果額内訳付きの長期財政推計です。(元データ 元サイト)(ただし、長期財政推計の年次データには特別区計が無いため、各特別区のデータを足しました。参照:各特別区の長期財政推計[粗い試算その1]の特別区合計
01長期推計_効果内訳付.jpg

 この効果額内訳を、大阪都構想に関係する項目と大阪都構想と無関係な項目に区分して、それぞれ表にしたのが、次のものです。

大阪都構想に関係する項目
02長期推計_都構想関係.jpg

大阪都構想と無関係な項目
03長期推計_無関係.jpg

 大阪都構想に関係する・しないの区分は、記事「大阪都構想パッケージ案の効果額仕分け」の効果仕分表を基本にしています。
 大阪都構想に関係する・しないの区分の考え方は、次の通り。
〇「府市の組織を統合することによる効果額」(または、大阪市を特別区に再編することによる効果額)を大阪都構想と関係する効果額と捉えます。
〇より狭い解釈では「大阪都構想でなければ、(大阪府・大阪市のままでは)実現できない効果」というのがありますが、ここでは大阪都構想なしで実現できるものでも、府市の組織統合による効果額は、大阪都構想と関係する効果額と捉えます。
〇府市の組織統合によるものと、無関係なものがひとつの項目になっていて分けられないものは、原則、項目全体を大阪都構想と関係する効果額と捉えます。

(注意)大阪都構想の効果額は、反対されてる方の間では「1億円」と言われることが多いようです。「大阪都構想でなければ、(大阪府・大阪市のままでは)実現できない効果」として整理した額と思われますが、ここではそれよりも幅広く捉える方法を採ります。

 ただし、「職員体制の再編」(=人員削減)の効果額は、整理が難しいので、次の取扱いにしました。
〇広域側は、効果仕分表に沿って「管理部門を中心に重複部門を効率化」の170人14億円のみを、府市統合による効果額としました。
〇効果仕分表では、広域側で、他にAB項目関係の人件費削減を大阪都構想と関係する効果額と分類していますが、AB項目関係の人件費削減は、AB項目と重複するとして財政シミュレーションでは除外されてますので、これに習います。
〇特別区側について、効果仕訳表では大阪都構想と関係ないとしていますが、その部分の議論は記事「大阪市一体の事務を5つに分割して実施すると、所要人員が減るという試算の背景」で整理するので、ここでは「大阪市を特別区に再編することによる効果額」として、大阪都構想と関係する効果額に分類します。


元記事「大阪都構想財政シミュレーション(その2) 関係ない効果額を分けてみた」より

  < 目次 >   < このブログについて >

posted by 結 at 07:22| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。